私の事

年少息子が2歳クラスに乱入しようとした話

幼稚園の連絡帳で担任の先生から驚くべきことが伝えられた。

「赤ちゃんになりたいと言って2歳クラスへ柵を開けて入ってしまう」

普段から「赤ちゃんになりたい」が口癖の息子。

 

幼稚園から帰ってきたときに何をしていたか聞いたときにも

「赤ちゃんになってたで」とはよく言っていた。

それがまさか、2歳クラスへ行っていたとは思いもよらなかった。

 

2歳クラスに何をしに行ったのか

「赤ちゃんになりたい」と言って柵をあけ入ろうとした息子。

担任の先生の話によると「お布団で寝たい」といって行った模様。

 

 

当然のことだけど、2歳クラスに入ることを止められ

お布団でも寝ること出来なかった。

 

 

なぜ2歳クラスで布団に入って寝ようと思ったのかと言うと

「2歳さんはお昼寝あるから大きなカバンあるんやね~」

と言っていた私の言葉を覚えていたからだった。

 

 

あんなサラッと1回言っただけの言葉を覚えていたのかって事にも驚いたし

布団があるから2歳クラスへ行けばいいんだと考えついたことにも驚いたし

なによりも、息子の行動力にも驚いてしまった。

 

先生に止められてしまった息子は

当然のごとく元の教室へ帰っていくこととなった。

 

なぜ「赤ちゃん」になりたいのか

息子の口癖である「赤ちゃんになりたい」

なぜ息子は赤ちゃんになりたいのかを考えると新たなことがわかってきた。

 

布団に寝たいから赤ちゃんになりたいわけでもなく

息子が赤ちゃんになりたいのは「現実逃避をするため」だったのだ

 

 

息子は「お着替え」や「給食」が苦手。

それらを避けるために赤ちゃんになろうと考えたのだ。

 

年少の自分は、自分で着替えなくてはいけない

でも、赤ちゃんは先生が着替えさせてくれる

よし!それなら赤ちゃんになればいいじゃないか

 

 

というのが、息子の考え。

赤ちゃんにさえなれれば自分でしなくてもいいやというもの。

ここまで知恵が回るものかと度肝を抜かれた。

 

2歳クラスへ行かせないために取った対策

嫌なことから逃げるために2歳クラスへ行こうとする息子。

これはどうしたものかと、担任と頭を悩ませた。

 

そこで考えた対策が2点

 

・お兄ちゃんの魅力を伝える

・「お着替え」や「給食」を嫌にならない程度に練習する

 

では、具体的な対策をお伝えしていくね。

 

お兄ちゃんの魅力を伝える

 

お兄ちゃんの魅力って何?って感じなのだけど

私が息子に伝えたのは「お兄ちゃんの方が選択の自由がある」ということ

 

「赤ちゃんになったら抱っこしてもらえる」という息子。

それに対し「そうだね、でもお兄ちゃんでも抱っこって出来るじゃん」と。

 

赤ちゃんは自分で歩けないから抱っこばっかり

でも、お兄ちゃんなら走り回りたい時に走れるし、キックボードもできる。

もちろん抱っこだって出来るし、自分のやりたいことをやりたい時にできる。

 

お兄ちゃんって自分がやりたいって思うことが自分で出来るよ。

すごいよね。甘えたい時も甘えることが出来るし心配ないよ。

と、お兄ちゃんになることで選択肢が増える分、やりたいことが出来る事を伝えた。

 

それに対し、息子から

「それやったらお兄ちゃんでもええかな」と言う渋々の返事がきた。

そして「2歳クラスに行かない」という約束をすることができた。

 

正直、わかってくれたのかどうかは微妙なところかもしれないけれど

「赤ちゃんになる」と言った後に

「そうや、お兄ちゃんの方が良かったんやった」という事も出てきた。

 

今後も様子をみつつ、お兄ちゃんになることのメリットを伝えていき

「お兄ちゃんってええやん!」と思わせていければいいなと考え中。

 

 

「お着替え」や「給食」を嫌にならない程度に練習する

練習なんて当たり前じゃん!と思われるかもしれないけれど

本人のやる気がないから全然上手くいかないわけで。。。

幾度となく作戦を立て撃沈してる日々。

 

 

しかし、苦手を克服が一番の問題解決への近道という事も理解している。

そのためには練習しかない。

イヤイヤやっても意味がないので、子どもの気持ちを乗せまくってやるしかない。

 

 

「息子が着替えが苦手で困っている」

「やろうという気持ちもなくて途方に暮れている」

 

つい先日、私が育児日記ブログに書いていたところ

同じように苦戦されている方からたくさんアドバイスを頂いた。

 

同じように悩まれている方、乗り越えた方からの声って本当にありがたくって

「そうすればよかったのか!」という発見や

「あ~わかる。同じやわ」と同志のように感じ心強く思ったり

本当にすごい力になるよね。

 

たくさんのアドバイスをみて共通していたことが

 

「褒めて自信を持たせる」という事。

「少しずつでも成長していけたらいいじゃない」という事。

 

これらの言葉に励まされ、ギリギリのところまで手伝い

あと一押しを息子にしてもらい、出来たことを褒め自信を持たせるよう取り掛かった。

 

とはいえ、一気にはやっぱり行かなくて

やってくれることがあったり、やってくれなかったりムラはある。

それでも、本当に少しずつだけど出来ることも出てきた。

 

長期戦ではあるけれど

息子と一緒に乗り越えていかなくちゃだね。

 

最後に

今回、幼稚園からの連絡帳の内容にかなり落ち込んでしまったけれど

息子としっかりと向き合うきっかけになったし

悩みを通じて、たくさんの人に助けてもらい私自身も前向きな気持ちになれた。

 

子育てをしていると本当に悩みって尽きないけれど

同じようにがんばって子どもと向き合っている方はたくさんいる

コメントやメッセージで力もたくさん頂けた。

 

大丈夫、私も壁を乗り越えるために頑張れる!

 

2歳クラスに入ろうとしたのは困ったことだったけど

息子の気持ちを考え、幼稚園でのトラブルもプラスの力に変えていきたい。

息子とともに乗り越え成長していきたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

関連記事

  1. 私の事

    手が汚れるのが苦手な3歳息子~母の苦悩~

    私には3歳の息子がいる。とても可愛い息子♪…

  2. 私の事

    底辺絵師である私のお絵かき法~アイコンだって作れちゃう~

    底辺絵師。。。それは、注目を集められない絵描きの事。私は底辺は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP