スーパーで非常識な親になっていない?~やってはいけない6つのこと~ – 30代1児の母の子育て遊び100選

30代1児の母の子育て遊び100選

「子育てなんて超しんどい!」子どもとの接し方がわからず、憂鬱な日々を送っていた私が子どもと楽しく遊べるようになった方法を全力でお伝えします。 1歩踏み出せばあなたも子どもも笑顔になれる。子どもと向き合う3ステップ。

スポンサードリンク

育児

スーパーで非常識な親になっていない?~やってはいけない6つのこと~

投稿日:

スーパーに子どもを連れてお買い物。

だけど、知らず知らずのうちに非常識なことをしていない?

 

今回は、スーパーで非常識な親と思われないように

気を付けておきたいことをご紹介するよ。

 

1.走り回る子供を放置

お買い物に来ると楽しくなって走り出してしまう子ども。

広い店内、鬼ごっこをやっている兄弟なんかもよく見かけるよね。

 

そんな子どもたちに対してどう思うかな?

「子どもらしくて元気でいいじゃん」

なんて、ぶっ飛んだ考えはしてないかな?

 

はっきりいって、店内で走り回るなんて危険すぎ!

 

もし走っていて誰かとぶつかったら。。。

棚にぶつかって商品を落としてしまったら。。。

 

怪我をする(させてしまう)恐れがあるし、

お店の大切な売り物をダメにしてしまう可能性もあるよね。

 

取り返しのつかないことになるかもしれないので

店内を走り回らないように気を付けよう。

 

 

2.試食をやりまくる

試食コーナーって楽しいよね。

ウインナーやジュース、いろいろあるよね。

 

「試食をしてから買おうかどうか決めるもんでしょ」

「試食をして何が悪いの?」

 

その通り。試食することに何ら問題はない。

ただ、やりすぎるのはとても格好悪い。

 

実は私、お土産物屋で働いていた時に

試食コーナーの仕事をした経験がある。

 

 

その時に思ったのが、試食をやりすぎるってめちゃくちゃ品がない。

 

 

他のお客様の対応で少し目を離したすきに、

一口大に切った試食のケーキを鷲掴み一気に塊で食べる親。

それを真似して、リスの様に頬張る子ども。

 

 

その瞬間を見てしまった私は

 

うげぇ。めっちゃ卑しい。。。

 

と、思ってしまった。

 

今でも、試食コーナーで3つほど口に放り込む人をみると

なんとも残念な気持ちになってしまう。

 

試食を楽しむのはいいけれど

度を超えた試食は、とても格好悪いので気を付けよう。

 

 

3.カートのカゴ部分に子どもをのせる

スーパーに行くと必ず1組は見るほど、とても多く感じる。

子どもを乗せる椅子がついているカートを使っているのに

なぜか、そこには座らせずカゴ部分という謎な人もいる。

 

 

私からすれば、意味の分からない謎行動でしかない。

だって、カゴ部分はお買い物したものを乗せるところでしょ?

子どもを乗せる場所ではない。

それなのに、土足で乗せている親もいるのでびっくりする。

 

食品を置くところなのに汚いじゃん。

もし何かの拍子にぶつかったら投げ出されちゃうよ?危ないじゃん。

 

皆がやっているから別にいいじゃんって思ってる?

はっきりいって、傍から見ててとてもお行儀悪いよ。

 

4.商品をぺたぺた触る

小さい子って特にだけど気になるのか触りたがるよね。

たまにラップの上から

ギューッと指を押し込んでいる子どもがいるけれど。。。

 

商品に傷がつくと、売り物ならなくなってしまうよね。

指で押し込んだ型があるというのに、それをだれが買おうと思うのか。

 

子どもが商品にぺたぺたと触りそうなときは注意しよう。

子どもにはお店の大切な売りものであるという事を伝えよう。

 

万が一、目を離したすきに子どもが傷つけてしまった時は

せめて店員さんに一声かけてほしい。

 

何も言わずに立ち去るなんて絶対にNG!

 

5.会計前の商品を開封

子どもが勝手に会計前の商品を開けちゃった!

「子どものやることだし~」

なんて微笑ましく見てるなんてことはないよね?

 

会計前のものはまだお店のもの。

勝手に開けて食べるのは無銭飲食と同じこと。

 

子どもが早く食べたいと愚図ってどうしようもないときは

先にお菓子だけ購入してシールを貼ってもらうなどの対処をしよう。

 

 

勝手に開けて食べちゃうのは泥棒さんと同じこと!

万が一、開けて食べちゃったらお店の人には謝罪しよう。

 

6.売り場に子どもだけ放置で買い物

お菓子売り場やおもちゃ売り場に子どもたちだけでいる光景。

ゆっくり買い物したいと思う気持ちはわかるけれど

これってめちゃくちゃ危険!

 

 

親の目が離れるってことだよね。

子どもが勝手に商品を開けちゃう可能性だってあるし

連れ去りの危険性だってある。

 

親の目が離れるという事は

何かあった時にすぐに対処できないという事。

 

それってすごく怖くない?

トラブルが起こっていたけど知りませんでしたー。

なんて、すごく恥ずかしいよね。

 

ちょっとくらいが、万が一につながる可能性があるので

買い物中は子どもから目を離さないようにしよう。

 

まとめ

スーパーで非常識な親と思われないためには

 

・走り回る子供を放置しない

・試食は度を越してやらない

・カートのカゴ部分に子どもを乗せない

・子どもに商品をぺたぺた触らせない

・会計前の商品を開封しない

・売り場に子どもを放置しない

 

子どもと買い物にいくと大変なのはわかるけれど

危険を回避するという意味でも、マナーを守って買い物をしよう。

いけないことをしたら、しっかりと叱ろう。

 

「だめよー」だけの一言で済ませてない?

「お店の人に怒られるから!」なんて言ってない?

 

しっかりと理由を伝えて叱ろうよ。

 

お買い物に来ているのは自分だけじゃないよね。

スーパーは皆が買い物をする場所だよね。

 

皆が気持ちよく買い物が出来る方が絶対にいいよね♪

 

子どもがいたら無理?そんなことはないよ。

子どももお買い物のマナーを守れるようになるには

我々親がお手本を見せてあげることが大事。

そうすれば、絶対に非常識な親とは思われないよ。

 

関連記事:「ワンオペ育児」は専業主婦なら当たり前?~つらくならないための3つの対策~

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

 

ブロトピ:子育て情報発信♪はここから! ブロトピ:【今日のイクメン育児】

-育児
-,

執筆者:

スポンサードリンク

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

夫が子どもと遊んでくれない~夫を動かす3ステップ~

3dman_eu / Pixabay   家にいても子どもと全く遊ばない夫。 そんな夫に対し、「もっと遊んでくれたらいいのに。。。」と思った事はないかな?   夫が子どもと遊ぶ頻度 …

公園やキッズスペースに親はどこまで必要か?~私は保育士じゃないぞ~

公園やキッズスペース、子どもは大好きだよね。 でも、そこにたまに現れる放置親に悩まされることってないかな?   子どもの年齢にもよるだろうけど、小さな子だと大丈夫かなって心配になるよね。 今 …

「ママ友なんていらない」は本当か?~悩む人に伝えたいたった1つの事~

「ママ友なんていらないよ」「ママ友なんて面倒なだけ」 ぶっちゃけ私はそう思っていた。   もともと1人で行動が好きな方だし、作らなくても支障はないし むしろ気楽でいいやんと感じていた。 &n …

子どもとの接しかたがわからない方へ~基本の3ステップ~

Alexas_Fotos / Pixabay   子どもとの接し方がわからないあなたへ 3つのステップで苦手にさよならしませんか? 苦手な理由を考えてみる 突然の質問。 「あなたは子どもが好 …

歯磨きが嫌いな子どもが歯磨きをするようになった~2歳息子に超効果的だった絵本~

Alexas_Fotos / Pixabay   歯磨きがめっちゃ嫌いだった息子。 2歳の頃は、毎日歯磨きをするときは大仕事だった。   取り押さえて無理やりやったこともあるけれど …

プロフィール

30代一児の母。かつて子どもが苦手だった私が、子どもと遊ぶ事が楽しくなった方法を公開中!

子どもが苦手で子育てが憂鬱な方、遊び方がわからなくて困っている方の参考になるブログを目指しています。

ウルの詳しいプロフィール

Twitter

フォローはこちらから


Facebook

Ninja Tools