私の事

手が汚れるのが苦手な3歳息子~母の苦悩~

Pexels / Pixabay

私には3歳の息子がいる。

とても可愛い息子♪

 

しかし、息子は手が汚れるのが大の苦手。

幼稚園に通うことが出来るのか心配で仕方なかった。

 

この4月に入園し、幼稚園での生活が始まり

段々といろいろなものに触れることが出来るようになってきた。

 

今回は、手が汚れるのが苦手だった息子が

少しずつ克服してきた話をするね。

 

手が汚れることがとにかく苦手

息子は手が汚れることがとにかく苦手だった。

 

手にご飯粒やソースがついたものなら泣き叫び

クレヨンやマーカーなどの色がつくとパニック状態。

砂場で砂を触ることすら出来なかった。

 

子育てイベントに参加しても

作成の時間に、手に少しでも色がつくことがあると

途中退場しなくてはいけないくらい騒ぎ大変なことになった。

 

子どもが喜びそうな遊びが出来ないことに悩み

どうすれば普通に遊べるのかと

考えれば考えるほど憂鬱になった。

 

砂場でアグレッシブに遊び土まみれになっている子

ペンを握りしめて汚れながらも大胆にお絵かきをしている子

汚れても楽しそうに夢中に遊んでいる子が羨ましくて仕方なかった。

 

いつか大丈夫になるはず!

そう思いながら見守ることにしたものの

いつもどこかで焦っている自分がいた。

 

「後で洗ったらいいよ」「汚れたらすぐに拭いてあげるよ」

そう言っても、息子は手が汚れることは頑なに拒否。

そんなこんなで3歳半まできてしまった。

 

苦手をどう克服させるかに悩む

このままでは幼稚園に入ったら大変なことになってしまうのでは!

その気持ちから苦手をなんとかしようと作戦を立てはじめた。

 

無理やりさせても嫌がるだろうし

「汚れても洗えば綺麗になる」といっても

「今汚れるのが嫌だ」と聞く耳持たず。

 

息子は発達障害の疑いもあるので

「もしかしたら原因はそこにあるのでは!」と

本を読み漁ってみたこともあった。

 

子育てサークルで、保育士さんや発達相談員さんたちと

皆と一緒に遊んでみようと働きかけてもダメ。

 

諦めず、あの手この手でアプローチをして

やっと道具を使って色塗りが出来るくらいまでにはなった。

それが3歳3か月くらいだった。

 

この頃の子育て日記には

「手が汚れるのが苦手で遊べなかった」

「どうすれば手が汚れても大丈夫と思えるようになるのかな」

という内容のものばかり書いていたように思う。

 

あるきっかけが息子を変えた

今まで頑なに汚れるものから遠ざかっていた息子。

しかし、あることをきっかけにいきなり土に触れるようになった。

 

そのきっかけというのが「家庭菜園」

 

プランターに土を入れたり、種をまいたり

家庭菜園のお手伝いをしているうちに土に触ることが平気になったのだ。

 

当初、「え!?土触ってるやん!」とかなり驚いた。

今までどんなに触ってみようと誘っても触ることなんてなかったので

嬉しくて嬉しくて飛び上がって喜んだ記憶がある。

 

息子の中で触ってみたいという気持ちに変化が表れたというのが

私にとってはめっちゃくちゃ嬉しかったのだ。

 

楽しそう!やってみたい!という気持ちが

汚れちゃっても良いかという気持ちへと更に進化していった。

これが3歳7か月の出来事。

 

思えばこれが汚れが平気になった

大きなきっかけとなった出来事だった。

 

挑戦したい気持ちになってくる

家庭菜園で土に触れるようになったのがきっかけで

公園でも砂遊びが出来るようになった。

 

4月から幼稚園に入園し

制作もしているようだ。

 

個人面談の時に、手が汚れるのが苦手な件を先生にお伝えはしていたものの

「1人だけ色がつくのが嫌だと愚図っているのじゃないか」

「泣きわめいて手が付けられなくなっていないか」

と、心配性な私は園での様子が気になっていた。

 

しかし、先生からの報告は思っても見なかったものだった。

「みんなで作るからか自分でやる」とはりきりで作ってくれたというのだ。

 

皆と一緒に作るという空間が

息子のやる気を起こさせてくれたのだろう。

触れたこと、出来たことが自信に繋がり

段々といろいろなものに触れるように成長してきたのだ。

 

今現在の様子

あれだけ汚れるのが嫌で砂遊びをしなかった息子が

今では砂遊びが大好きになり、公園へ行っては砂で遊んでいる。

それだけでなく、なんと泥遊びまで出来るようになったのだ。

 

この変化には驚くばかり!

 

のり付け、クレヨンも大丈夫になり

楽しんで制作に励んでいる様子。

先日は、なんと絵具まで使えたと報告があった。

 

「手についても洗ったら大丈夫やったで!」

と、得意げに話す息子に感動してしまったほどだ。

 

数か月前まではあれだけ不安だらけだったのに

今では「息子のペースがあるのだから焦らず見守ろう」と

段々と心にも余裕が出てきたように思う。

 

最後に伝えたいこと

少し手が汚れただけで癇癪を起し大変だったけど

無理強いしたって、子どもも自分自身も嫌な気持ちになるだけだった。

それよりも、子どものペースを見守る方がずっと大事だったと今では思う。

 

 

もし今、以前の私と同じように

子どもが手を汚ごす事が苦手すぎて不安に感じられている方がいるならー

 

いつか触りたいという気持ちになる時がきます。

きっかけや環境の変化で出来るようになることがあるので

子どもを見守ってあげてください。

 

焦る気持ちは本当にすごくわかります。

でも、焦ったって何もなりませんでした。

 

子どもがやりたい気持ちになる手助けをしていきましょう。

いつか絶対に出来る日が来ると信じましょう。

焦らず子どもの成長を見守っていきましょう。

 

今だから言えることかもしれないけれど

絶対に出来る日が来るので

根気よく見守ることが1番!

 

子育てについての悩みって尽きないけれど

1つ1つ悩みながらも乗り越えていくものだよね。

私も息子とともに少しずつ乗り越えていっているところ。

 

もう嫌だー!!なんて爆発しちゃう日もあるけれど

これからも私は子どもとともに成長していきたい。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

関連記事

  1. 私の事

    年少息子が2歳クラスに乱入しようとした話

    幼稚園の連絡帳で担任の先生から驚くべきことが伝えられた。「赤ち…

  2. 私の事

    底辺絵師である私のお絵かき法~アイコンだって作れちゃう~

    底辺絵師。。。それは、注目を集められない絵描きの事。私は底辺は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP